【IIDX】Horizons of Promise <6>


[低スコア分岐差分]


[高スコア分岐差分]

2020/01/23配信
イベント「HEROIC WORKOUT!!」 ROOM2 対象楽曲

【BEMANI Fan Site MUSIC 2020 January掲載 公式ジャケ 使用レイヤー】
【beatmania IIDX 27 HEROIC VERSE公式楽曲コメント 使用レイヤー】
※どちらも低スコア分岐差分


低スコア分岐差分のオオカミ少年のレイヤーは、この曲のレーングラフ絵柄でもあります。🐺
(↑使用コマは各公式サイト画像とは異なり、発光前の瞬間)
<1>記事画像レイヤーの元ネタと思われる五鍵5th&comp2「Prince on a star」アニメーションを正面視点(が)にしてローアングルで照らしたようなレイヤー。
「Prince on a star」ムビにおいて、オオカミ少年の着ぐるみから王子様が頭だけ露出(意味深)した姿はcomp2版ムビのラストシーンでのみ確認できますが…
そのラストシーンで王子様の足下に花(薔薇)の汁エットが追加オプション(意味深)されていたのですね🌹
「Horizons of Promise」ムビの高スコア分岐差分はcomp2「Prince」ムビのラストシーンを表現した「正分岐差分」としても、
当記事画像の低スコア差分レイヤーのオオカミ少年も微笑んでますし、マイナスイメージな「負分岐差分」という感じはやはりしないですよね。


ポップンのオオカミ少年の担当曲(移植曲)の shioさんコメント有りのページ:
pop’n15 ADVENTURE「Prince on a star」
pop’n portable「Little prayer」
pop’n19 TUNE STREET「少年リップルズ」
>「ほんとうのこと」は目を閉じれば見えるのに。
>「おうじさま。ほしのおんがくが ひびのなぐさみ。」
なぐさみ(意味深)
自作自演であり、自給自足の 自○自○(意味深)…
このあたりは文学の「星の王子さま」とは無関係と思われる設定ですけど、
「王子様」でいる時は世間体を気にしたりで自分に嘘をついている状態?で、
自身の好きな「ほしのおんがく」を奏でているオオカミ少年の時が「ほんとう」の自分である…とも解釈できそうです。
イソップ寓話のオオカミ少年は嘘つきだけど、BEMANIのオオカミ少年は「自分の真の姿」?。
というのもなんだか矛盾してしまう表現ですけど、
オオカミ少年のキャラクター紹介文の「ほんとうのことは目を閉じれば見える」
これは文学の「星の王子さま」に出てくる「大切なものは、目に見えない」という言葉が元ネタであろうことも今まで知らなかったです。