【IIDX】LAB <3>


2002/09/27稼働 beatmania IIDX 8th style デフォルト収録楽曲

【WLEN7様リクエスト画像化】
曲名とアーティスト名の「A」の字を重ねた(意味深)ロゴマーク
曲自体もムビも、そして曲名とアーティスト名も「とてもシンプルでわかりやすい」。
そういうのも、昔のビートマニアらしいミニマムな世界を感じます。
RAMさん曲は特に単語一字のみのタイトルが多いですけど、
それから20作後のビートマニアでは…
「ASIAN VIRTUAL REALITIES (MELTING TOGETHER IN DAZZLING DARKNESS)」
なんて物凄い長尺(意味深)タイトルの曲が出てきたりするのも、時代の流れなのかもですねw×63(文字数)
ビッグビート(テクノ)とメタルがアジアンテイストに融合した「AV R」(意味深)
というマサヤさんへの毎回の独特なオーダーや、
lapixさん等が試みている独自のジャンル掛け合わせ etc…
8th当時はまだ居なかった作家陣の制作スタイルも、ある意味では研究(錬金術?)みたいです💡


前回記事で再現化させていただいた「LAB」公式楽曲コメ画像
=出社シーン(右手でタイムカードを押してる姿?)w×8
beatmania THE FINALの直後にリリースされたIIDX 8th styleは、
ビートマニアがスタンダード(五鍵)からデラックスへ移行…とするにはまだ早いですし、
五鍵と弐寺の2つの世界が融合、「つながり」を持ったバージョンと言ったところでしょうか。
(8th styleの音のテーマ「スーパーハイテンション」は、アンダーグラウンドな雰囲気の五鍵との差別化的な意図も含まれてそうですけど)