【IIDX】開きたまえ!Next stAge! <4>

2020/03/18配信→2020/03/30アプデにて専用レイヤー追加
beatmania IIDX 27 HEROIC VERSE Original Soundtrack 発売記念収録楽曲

【BEMANI Fan Site MUSIC 2020 March掲載 公式ジャケ 使用シーン】

当ブログ2021/01/09付[Rootage 汎用ムービー <2>]記事画像
は、この「NextAge」公式ジャケ画像の背景汎用ムビ使用コマを再現して作りました。
前回記事HV公式楽曲コメ画像と違い、これは背景ハメ込み合成ではなくゲーム用ムビ内の実在コマです。
前回記事画像の公式画像との違いは、やはり画面の左上と右上の三角形の見切れ具合の差が特に分かりやすいと思います。
例のごとく自分では上手く説明できないのですけど…、
・公式画像上部とゲーム用ムビ画面上部の見た目が一致するコマ
:下部が一致せず、公式画像よりも下(公式では見切れている部分)まで入っている
・その8コマ後、公式画像と下部が一致
:今度は上部が公式画像よりも下方向に見切れてしまっている
以上より、0(片方の一致点(が))~誤差8コマ分の計9コマ間の折衷点(が)である4コマ目をヌき出しました。
上部の一致コマから4コマ後=下部の一致コマより4コマ前 です。
下部については公式画像の可視範囲よりも広い部分までヌき出しているのに対し、
上部は逆に公式画像の可視範囲をカットしてしまっていることになりますので…、
ムビ表示枠の線が映らないように切りヌいた分も加味すると、確かに画面下部に関しては公式画像とさほど差が無く見えますね。
私の説明だと、まるで視点(が)が上から下に移動するアニメーションみたいな書き方ですが…
そうではなく、時間経過によりズームするアニメーションです。(※画面の左右も時間経過につれて見切れている)


シリーズを重ねるにつれて、私の画像の作り方にも色んな手間が加わっていることをヌキにしても…
SINOBUZ時に「Selfish Sweet」扱いとして作った6th汎用ムビ画像と最近私が作った6th汎用ムビ画像とでは、元素材の映像の明るさ等の見た目もかなり違う気がします。
HV→BRではグラフィックの劇的な向上は無いであろうとしても、
なんとなく新しい方が良い(※気持ちの問題)と思ってBRの「Rub-a Dub-a」の映像素材を使用して画像化しました。
実は「VIBRΛ」公式楽曲コメ画像「Rainstorm」の公式楽曲コメ画像と完全一致w×33(6th+HV)
2枚の画像をフォトショ上でレイヤー状に重ねて見比べても全く同じでしたので、
6th汎用ムビ内に何回かある類似シーンの類似コマ差分でもなく、完全に使い回しの画像と思われます…。

【IIDX】開きたまえ!Next stAge! <3>

2020/03/18配信→2020/03/30アプデにて専用レイヤー追加
beatmania IIDX 27 HEROIC VERSE Original Soundtrack 発売記念収録楽曲

【beatmania IIDX 27 HEROIC VERSE 公式楽曲コメント 使用シーン】

前作HVサントラのブックレット素材のリプンテ&スタンパクリープの画像化記事からカウントして3記事目となる、
略して「NextAge」画像化なのです!×53(Rtg+HV)
専用レイヤー追加前のRootage汎用onlyムビだった「NextAge」の映像素材も回収しており、
それを今年1月に記事化したリクエスト案件のRootage汎用ムビ画像の素材として使用しましたので…
そのRtg汎用ムビ画像化6記事分も含めると、実質これで9記事目となる「NextAge」画像化ですの♥
Rtg汎用ムビ画像化の記事タイトルは初出曲の「R∞tAge」として表記(標記)していますが、
2021/01/08付:[Rootage 汎用ムービー <1>]記事の画像は…
今回記事画像の再現対象である「NextAge」HV公式楽曲コメ画像の背景汎用ムビ部分のみ再現して作ったものでした。
その際、公式画像の背景汎用シーンと完全一致するコマはゲーム用ムビには存在しない(→公式サイト掲載用の別素材とハメ込み合成した画像と思われる)ことが判明し…
という諸々は2021/01/12記事にて記述済です。
すなわち今回記事の画像は、2021/01/08記事画像のロゴ有り差分の画像…
こと、ロゴ"有リーヴェデルチ"差分の画像でございまスタンパ司書!w


今回は過去記事にて説明的な文章を代えられた上、
以下に記述する前回記事の6th汎用ムビ画像の話にも活かせる内容となり、タイミングが良かったです!×59(6th+Rtg+HV)
先述の「NextAge」公式画像背景のRtg汎用シーンは、激写がゲーム用ムビからヌき出して作った2枚の再現画像とは色味の違いも含めて明らかに別物な見た目ですが、、
6th天(が)汎用ムビに関しては、それくらい昔のムビとなるとやはり新しいムビに比べて画質が粗いですし…、
公式画像掲載用に美肌アプリ加工✨みたいな若干の補正を施している可能性はあるかもですねw×6
そして、ゲーム用ムビを外部出力し映像・画像化するための環境差や個体差
…などを挙げるとキリが無くなってしまいますけど、
チーム激写の外部出力機材の最高画質録画映像を私がフォトショで無加工画像化したものはコントラスト強め。
自分はその彩度高めでビビットな仕上がりの方が好みなのですが、濃い色の部分が潰れて見えがちかもしれないです。
ネットに上がっているプレー動画(のムビ部分)についても、使用ツールや制作者によって全然違った見た目になっているのかと思います。

【IIDX】VIBRΛ[6th style 汎用ムービー] <2>

2020/03/18配信
beatmania IIDX 27 HEROIC VERSE Original Soundtrack 発売記念収録楽曲

【beatmania IIDX 27 HEROIC VERSE 公式楽曲コメント 使用シーン】

2記事連続!! それでは見て下さい VIBRΛ(の6th汎用ムビ画像)
MKさんとNhatoさん、IIDXのMNコンビの「精神的な高みを目指す向上心」
空のように高く∞(無限大)の可能性や、上にイく(意味深)エネルギーが感じられる曲✈
という意味でも6th天(が)汎用ムビが選ばれたのかもしれないですね!×33(6th+HV)
そんな「VIBRΛ」の公式ジャケ画像とHV公式楽曲コメ画像ではそれぞれ異なるシーンが使用されていましたので、両方とも再現画像化致しました。
今回の画像は公式ジャケ使用箇所(ムビ冒頭)の直後のシーンですが、
前回記事の末文での記述通り、「1本のムビの中に3回登場するシーン」のうちの1つを選んだ結果です。
(↑記事内の「い陰ちょ」画像の補足につきまして、私の解釈違いでの蛇足的説明 大変申し訳ございませんでした…。)
このシーンについても上手に説明できる自信が無いのですが(´;ω;`)、頑張って書きます。
青い水面に「beatmaniaIIDX」ロゴ2種+飛行機ライン+タイル模様のシーンは、
ムビ冒頭に2回、中盤に1回(+夕焼け色バージョンが2回)、終盤に2回 も登場するものの…
オブジェのアニメーションは2パターン、そして各シーンの水面の色合い等が微妙に違い、
「VIBRΛ」公式画像使用箇所がムビ冒頭1回目のシーンだと特定できました。
アニメーションパターンは以下の2種のどちらかですが、
①白いIIDXロゴが左方向・青いIIDXロゴが右方向・飛行機ラインが下方向・タイル模様が画面外に出ていくパターン:3回(冒頭・中盤・終盤 の各1回目)
②上記オブジェがその逆方向に動くパターン:2回(冒頭・終盤 の各2回目)
どちらのパターンでも画面中央の青い円が拡大するので、②は①の逆再生映像というわけではないです。
先ず、白い方のIIDXロゴの「II」の文字と画面中央右の白い垂直線が重なる瞬間をヌき出し、
青い円の直径から「VIBRΛ」公式画像使用箇所がパターン①の3回のいずれかであることを絞り、
冒頭・中盤・終盤の各1回目をヌき出して比較して、水面の色味で冒頭1回目のシーンと判断致しました。
明るさと言うか透明度と言うか、水面に反射する光の具合?も各シーンで違います。✨
各シーンのオブジェとアニメーションはパターン化されているものの、全く同じ映像を使い回しているわけではなかったのですね。


そして…この画像も、かつてSINOBUZ時(約4年半前)に「Selfish Sweet」扱いとして作った6th汎用ムビ画像(←公式画像の再現ではない)
のうちの1枚と同じような見た目の画像になってしまいましたねw×57(6th+SBZ+HV)
確認したところ、先日のFly Aboveリミ画像の時ほどの僅差ではないものの…、
僅か9コマ差且つ、類似シーン5回のうちの冒頭1回目シーンからのヌき出しだったのも一緒でしたw×9(コマ差)
シーンの登場順に画像化するのを暗黙の了解とし、類似シーンの中で一番最初に出てくるシーンを使ったのだと思いますが…、
当時の記事でも隙間産業的ネタとして色違いシーン同士の諧調反転(が)とかをヤってて、なんか感慨深くなってしまいました(まさに「EMOい」)。
(4年半前は類似シーンが5回あることまでは確認してなかったと思われるのと、当時の自分の若いテンションが眩しくて直視できないw😳)